2021年5月8日土曜日

5月初旬の荒谷林道

 5月7日、荒谷林道を歩きました。先ず4月11日にギンリョウソウが頭を出していた所に行ってみると、少し伸びて花が咲きそうです。青い柱頭が見えます。頭が見えてすぐに伸びるものと思っていましたが、花が咲くまでおよそ1か月かかることが分かりました。ウラジロノキやホウノキの花も咲きました。木の枝でオオルリがきれいな声で鳴いていました。
                 ギンリョウソウ
                 ウラジロノキの花
                 ホウノキの花
                   オオルリ
 

2021年5月7日金曜日

安芸太田町 深山峡を訪ねて(2)

 深山峡では滝だけでなく、エビネやキエビネなどの山野草もみられました。また包丁岩など奇岩もありました。野鳥の鳴き声やキジも見たのですが撮れませんでした。案内板によるとアカショウビンなどの野鳥も見られるそうです。近くなので何度も来るうちに出会えるかもしれません。
                  エビネ
                   エビネ
                  キエビネ
                  包丁岩
 

2021年5月6日木曜日

安芸太田町 深山峡を訪ねて(1)

 先日の龍頭峡に続いて同じ安芸太田町にある深山峡を訪ねました。深山峡はわずか1㎞の区間に8つの滝が連なる変化に富んだ渓谷です。秋の紅葉の頃もいいのですが、初夏の新緑のこの時期も清々しく、気持ちよく遊歩道を歩きながら写真を撮りました。
                 深山峡案内図





 

2021年5月5日水曜日

安芸太田町 龍頭峡を訪ねて(2)

 龍頭峡には3つの主な滝があります。ナメラ滝はあまり落差はなく緩やかに流れ落ちています。二段滝は落差が40mあり、激しく水が流れ落ちています。奥の滝は落差20mです。滝でマイナスイオンをたっぷり吸い込むことができました。
                  ナメラ滝
                二段滝(落差40m)
              二段滝(激しく流れ落ちる水)
               奥の滝(落差20m)
 

2021年5月4日火曜日

安芸太田町 龍頭峡を訪ねて(1)

 自然を求めて安芸太田町の龍頭峡を久しぶりに訪ねました。龍頭峡入口ではいつものように大きな龍が迎えてくれました。車を置いて遊歩道を滝に向かって歩きます。遊歩道の両側は切り立った崖が聳え立っています。よく見ると崖の窪みに大きなスズメバチの巣があります。遊歩道の脇を流れる渓流は所々小さな滝を作って流れています。遊歩道の途中の広場のモミジの新緑が美しいです。秋の紅葉も良いのですが新緑のモミジも清々しくて好きです。
             龍頭峡では大きな龍がお出迎え
               高い崖がそそり立つ
            崖の窪みには大きなスズメバチの巣
                渓谷を流れる渓流
               モミジの新緑が美しい
 

2021年5月3日月曜日

健康増進ハイクに参加

 あさひが丘団地恒例の健康増進ハイクに参加しました。近隣公園に集合し荒谷林道をゴミを拾いながら花みどり公園まで歩きます。到着するとくじ引きで賞品が頂けます。おいしく弁当を食べ温室で珍しいシャクナゲなどを鑑賞し、また荒谷林道を歩いて帰りました。五月晴れのもと気持ちの良いハイキングでした。
               近隣公園に集合(間隔を空けて)
             荒谷林道のゴミを拾いながら歩く
                 ゴミが集まった
            ゴールの花みどり公園でくじ引き
              めずらしいシャクナゲを鑑賞
 

2021年5月2日日曜日

松江城を訪ねて

 4月30日、松江城に行きました。途中宍道湖畔を通ると嫁ヶ島が見えました。宍道湖唯一の島で、嫁と姑の悲しい伝説が残されています。ここは夕日がきれいに見える場所だそうなので是非写真を撮りに来たいものです。松江城山公園では「なんじゃもんじゃ」の木の花が満開でした。高い石垣の上に天守が聳えています。この天守は全国に現存する天守のひとつで、慶長期を代表する天守として国宝に指定されています。
                   嫁ヶ島
            なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)
             高い石垣の上に天守が聳える
                 天守(国宝)